トップページ > 代表者ブログ
代表者ブログ

設備導入

2017年7月28日

新たにマシニングセンターを増設いたしました。
やはり新しい設備はいつ何を見ても良いですね!

マシニングセンター

カテゴリー: 金型製造

大田区加工技術展

2017年7月7日

今日は大田区加工技術展に行ってまいりました。
大規模な展示会ではパンフレットだけいただいて通り過ぎてしまうこともありますが、
この展示会は私には丁度良い規模で、各ブースで細かなお話ができ、本当に勉強になりました。
一度は行ってみたいと思っていましたので良かったです。お勧めです!

大田区加工展示会

カテゴリー: 仕事

特許・商標(知的財産権)を取得したい方にご紹介!

2017年4月28日

今日は私がお世話になっている、三田特許商標事務所様を紹介させていただきます。
 特許というと独特な文章や法律用語など一般的にはとても分かりにくくハードルが
 高いと感じますよね!私もそう感じていました。
 こちらの三田所長様は、とても分かりやすくかつ丁寧に仕事をしてくださいます。
 また、特許の成立率もすごいです

 良い発明が完成した方、何としても特許を取得したい方は是非相談してみてはいかがでしょうか!

三田特許商標事務所http://mita-ip-firm.com/

カテゴリー: 仕事

インターモールド

2017年4月18日

先週インターモールド展を見に行ってきました。平日だったこともあり思ったほど混雑していませんでした。
JIMTOFで工作機械は見ていたので、今回は、金型のブースと工具類のブースをメインに2時間半でざっと見てきました。
出展している金型メーカーはやはり特徴ある加工技術・製品などがあり勉強になりました。

インターモールド

カテゴリー: 日々雑感

桜満開!!

2017年4月11日

当社の目の前に桜並木があり、只今満開です!
小田急線の柿生駅から新百合ヶ丘駅付近まで2Kmくらいの良い散歩コース
ですので、お時間ある方、是非来て見てください。
桜満開

カテゴリー: 日々雑感

ゲート残り問題の続編

2017年4月7日

以前ブログで楕円ゲートを紹介しましたが、今回は他の形状を紹介します。
先端形状を下の図のように長方形や長円形にしたものです。
これもゲート残りにはある程度効果があります。
両形状ともユーザーが増えてきています。具体的にはお気軽にご相談ください。
総称として扁平ゲートとでも言いましょうか、、、
長円ゲート
長円形
長方形ゲート
長方形

カテゴリー: 金型製造

3Dプリンターで治工具の試作や製品提供!

2017年1月20日

弊社では、3Dプリンターを使って治工具の試作や製品
をお客さまに提供させて頂いていますが、
少し前に休日や暇なときに自分のモデリングの力を鍛えるのを兼ねて、
色々な物を子供たちと一緒に作って楽しんでいました。

(今では子供たちも見飽きてしまい、仕事以外では使いませんが…)
その時に作ったものです。子供達のリクエストで、
音楽プレーヤーのカバーと私にはモデリングが難しかったバラです。

040506

普段の金型加工では、必死で公差へ入れる調整をしますが、
別の感覚で難しかったのを覚えています。

他にもたくさんのモデルを作りましたので機会があればまた載せます。

普段の仕事とは全く違うモデルを作ってみるのも勉強になるものです。
近い将来、金属3Dプリンターが身近になり、金型加工への応用を期待しています!

カテゴリー: 3Dプリンター

型彫り放電加工に3Dデータを活用!

2017年1月19日

現在の金型作りでは、3次元CADCAMは、
欠かせない当たり前の道具になっていると思いますが、
型彫り放電加工の工程には、3Dデータが未だあまり利用されていないように感じています。

(個人的なイメージですが…)もったいないと思います!

確かに大がかりな仕組みを作ろうとすると、設備(金額)も労力も多くかかるので、
弊社のような小さな会社には難しいと思います。

そこで弊社でも活用させて頂いているEPXフォーマットをご紹介します。

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、
日本金型工業会のワーキンググループによって策定された、
3次元CADCAMと型彫り放電加工をつなぐためのフォーマットです。

http://www.jdmia.or.jp/east/epxwg/index.html

是非、活用して効率化して頑張りましょう!

03←手入力のミスもなくなります。

カテゴリー: 金型製造

「ゲート残り問題」は楕円ゲートで改善!

2017年1月18日

射出成形金型に関係する皆様、
ピンゲートやバナナゲートのゲート残りでお困りではないですか?

私は昔からこの問題に時々ぶつかってきました。その度にゲート逃げを深くしたり、
ゲート径を細くしたり、成形条件を変更していただいたりして、何とかしのいできました。

そこで根本策を探ろうと、一昨年に試作型を作り検討したところ、
楕円形状でかなり改善できることが分かりました。

楕円ゲート(特許第6048714)下図に形状をご紹介します。

(現物画像が上手く撮れないのでCADデータです)←マクロレンズ買います。

0102←楕円バナナゲート

文字通り、先端形状を楕円にして流動性と切れ具合の両方確保するのが特徴です。
色々な樹脂がありますので、全て解決とは言いませんが、かなり改善されます。

HPもご覧ください。「扁平ゲート」のご紹介
お困りの方、ご興味のある方、お気軽にご相談ください!

カテゴリー: 金型製造

今日からブログはじめます!

2017年1月17日

はじめまして、小椋製作所 代表の小椋 健史です。

弊社は神奈川県川崎市(新百合ヶ丘)にあり、事業内容は主に射出成型用金型の設計製造、
その他、関連する治工具類や部品類などの設計製造を行っています。

小さな会社ですが、創業40年近くになり、私で2代目になります。

今日からブログをはじめます!仕事のことや日々の雑感を発信してまいりますので、
どうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー: 日々雑感

ページトップへ
Copyright(c) (有)小椋製作所 All Rights Reserved.